校長ブログ

フェレット三世さんとフェレット女学院を設立しました。

はじめまして。
フェレット女学院校長の「ねぎ」と申します。

簡単に自己紹介をさせていただくと、滑舌の悪い陰キャです。(シンプル)

数年前に責任者をしていた事業で、市川美織さんにお世話になり、この度「フェレット女学院」のプロジェクトでご一緒させていただくことになりました。

市川さんはネットが大好きで、枠にとらわれず色々なことに挑戦していくとても個性的な方で、数年前のプロジェクトの後も、色々とお手伝いをさせていただきました。

「YouTuberになりたい」という夢を叶えるお手伝いをしたり、
YouTuber
(どんな動画企画でも全力で望む姿勢がすごいです)

「お笑いライブを主催したい」という夢を叶えるお手伝いをしました。
お笑いライブ
(市川さんがチケットもぎりやマイク出しをする、規格外のイベントになりました。)

2018年末のインタビュー記事で、市川さんが「プロデューサーをやりたい」とおっしゃっていたのですが、YouTuberでもお笑いライブでも、市川さんは物事の分析が鋭く、捉え方も面白いなぁと感じていたので、「プロデューサー市川美織」のお手伝いをいつかできればと思っていました。

そして今回、ある出来事(いつか書きます)が、自分の人生の中での転機となり、バーチャルライバー事業を立ち上げる決意をしたのですが、その時に頭に浮かんだのが市川さんでした。

この事業は「バーチャルライバーが楽しく青春できる場」にしたいと思っていたのですが、「YouTuberやゲーム実況が大好き」で「国民的アイドル経験者」の市川さんがプロデューサーになってくれたら、参加するバーチャルライバーの方も絶対に楽しくなると思い、オファーさせていただきました。

まさか宇宙人で、フェレット三世だったとは知りませんでしたが…

今回、突然だったのもあり、最初の動画で「迷走している」とコメントされてしまい、オファーした身として市川さんに申し訳なく、心が痛いです。

ただ、このプロジェクトは自分の人生をかけてでも、最後には必ず成功させて、市川さんや参加していただいたバーチャルライバーさん達に「やってよかった」と思っていただけるプロジェクトにしていきます。

同時に、市川さんファンの方からの「市川美織の姿を見たい」という声にも答えていきたいと思います。

ページ上部へ戻る